前へ
次へ

自分に合った歯医者で治療を受けよう

歯の状態が悪くなったときには歯医者に通うことが必要になってきます。そのようなときに、自分自身に合った

more

歯の健康を保つために歯医者に行こう

予防歯科と言う言葉を聞いたことはありませんか。今の歯医者は予防に力を入れていますので、特に歯の痛みな

more

インプラントを歯医者さんにお願いする

インプラントをしたいという時にどんな歯医者を選べばよいのかということを結構気にする人が多いのです。し

more

虫歯を検査するために歯医者でしていること

歯医者では虫歯を治療するために通院した患者に対し、まず歯の状態を検査しています。歯の状態によって治療の方法も変わるので、正確に歯の状態を検査することは歯医者にとって重要なことです。歯医者で虫歯を調べる時におこなわれることが多いのは、それぞれの歯を目で確認していく方法です。虫歯になっている歯は健康な歯とは外見が異なるので、専門的な知識を持っている歯医者が見れば、正確に悪くなっている歯を見つけることができます。歯医者では患者の歯の状態を調べるために、歯の根元にある歯ぐきの部分も一緒に調べることもあります。虫歯を調べるために歯医者で詳しく検査されることがあるのは、歯と歯ぐきの境目の部分です。虫歯になっている患者はこの部分に深いすき間ができている場合があるので、検査で調べることが必要です。患者の歯の状態によっては、画像を撮影して歯の状態を検査することもあります。画像を使って診察をしなければいけないのは、虫歯が歯の奥の方まで進行している場合です。こうした状態の歯は外側から見るだけではどこまで虫歯が広がっているかわかりにくいので、画像を撮影することで詳しい状態を確認しています。歯の奥の方に広がった虫歯を確認するために使用されているのはレントゲンです。X線を使用することにより、歯の奥の状態まで撮影できます。歯医者で使用されていることが多いのは、歯を撮影するために開発された特別なレントゲンです。通常のレントゲンよりも歯の撮影がしやすいので、多くの歯科医院で使用されています。歯の奥まで広がった虫歯を撮影するために、歯科医院ではCTを使用することもあります。CTとはComputed Tomographyのことで、機械を使用して歯の内部を断層的に撮影することができます。撮影された画像データを整理することで、歯の内部の状態をわかりやすく見ることができます。CTも歯科医院専用のものが開発されています。

様々なWEBサイトに対応
求人・ランディング・ECなどお客様のご要望に合わせたWEBサイトに仕上げます

http://kanzakishika.com/

綾瀬の歯医者、新井歯科医院|なるべく神経を抜かない歯医者

Page Top